マウスウォッシュの効果的な使い方

オーラルケアの仕上げとして使う

マウスウォッシュを使うタイミングは、オーラルケアの最後が適しています。歯をみがく前にマウスウォッシュを使う人もいますが、それでは本来の効果を十分に発揮できません。マウスウォッシュの目的は口内の細菌を殺菌することなので、少しでも口腔内を清潔にした状態で使用しましょう。そのため、まずは歯ブラシやデンタルフロスで歯垢を取ってから使うのがおすすめです。事前に歯垢を落として、原因菌を少しでも減らした状態にしてください。

就寝前に使うのが効果的

寝ている間は唾液の分泌量が減るため、一日のなかで最も細菌が繁殖しやすくなっています。そのため、起床直後はきつい口臭を発しているため注意が必要です。そこで就寝前の歯みがきでは、仕上げとしてマウスウォッシュの使用をおすすめします。マウスウォッシュには殺菌成分が配合されており、就寝中の細菌の繁殖を抑える効果が期待できます。就寝前にマウスウォッシュを使用すると、翌朝の口のネバツキや口臭が抑えられるでしょう。

効果時間を把握する

マウスウォッシュの効果は、それほど長く続きません。口内では絶えず唾液が分泌されているため、マウスウォッシュに含まれる薬用成分も一緒に流されてしまうためです。マウスウォッシュの効果の持続時間は、およそ10~15分程度です。そのため、効果が持続している間は飲食を控えたほうが良いでしょう。せっかくマウスウォッシュで殺菌をしたのに飲食をしてしまえば、再び菌が発生しやすい環境になり、マウスウォッシュの意味がなくなります。