マウスウォッシュの正しい使い方

マウスウォッシュを使用するタイミング

口臭が気になるときにマウスウォッシュを使用する人もいるのではないでしょうか。しかし、口腔内に必要な常在菌まで殺菌してしまう恐れがあるため、マウスウォッシュの使い過ぎには注意が必要です。基本的なタイミングとしては、食後や就寝前がおすすめです。また、マウスウォッシュの目的は口内の細菌を殺菌することなので、少しでも口腔内を清潔にした状態で使用するのが望ましいでしょう。そのため、歯みがきの途中ではなく、オーラルケアの仕上げとしてマウスウォッシュで口内を洗浄してください。

マウスウォッシュの使用量

マウスウォッシュの使用料はメーカーや商品により異なります。パッケージに記載されていますので、使用前にきちんと確認しておきましょう。基本的に10~30mlで、付属しているキャップに目安ラインが入っているものがほとんどです。メーカー推奨の量を口に含んで20~30秒ほどすすぎます。このときに、マウスウォッシュを口内全体に行きわたらせると、より効果的です。また、マウスウォッシュを口に含んですぐに吐き出すと殺菌効果は期待できないので、用法容量をしっかりとお守りください。

マウスウォッシュのあとは?

マウスウォッシュは少し刺激的なものが多く、すすいだあとにうがいをしたくなる人もいるでしょう。しかし、殺菌効果を持続させるためには、なるべく口をゆすがないようにしてください。また、マウスウォッシュの直後は飲食を控えることも大切です。マウスウォッシュで殺菌したあとに飲食をすると、再び菌が繁殖しやすい環境になるため、マウスウォッシュの意味がなくなってしまいます。