朝食抜きの人は口臭が強いって本当?

朝食抜きで唾液の分泌量が低下

「朝は眠いから少しでも長く寝ていたい」「身支度が優先で食事をしているひまがない」といった理由から朝食抜きの人も多いのではないでしょうか。食事は人間にとって大事なエネルギーに変換されるだけでなく、食事からは水分も得ています。朝食を取らないことで唾液の分泌を促すことができず、口内の細菌が、汚れを分解して口臭の元となる口臭ガスを発生させる恐れがあります。そのため、朝食抜きの人ほど口臭が強いと言われています。

口臭は朝が最も強い

一日の口臭の変化を表したグラフを確認すると、人の口臭は朝が最も強いことがわかります。どれだけ起床直後に歯みがきをしっかりとしても、朝食を抜くことで水分不足につながり、ドライマウスを引き起こす原因となります。また、朝ご飯を食べないと咀嚼する機会が減ります。そうすると、殺菌作用のある唾液の分泌量も減少するため、雑菌の繁殖を抑えられなくなります。雑菌の繁殖を止めるには、スムージーのような噛まない食事は有効とは言えません。

朝のサラダは口臭予防と健康維持に最適

咀嚼回数を増やすにはお米などが有効的ですが、「朝から重いものはちょっと…」と抵抗がある方もいるでしょう。そんなときにおすすめなのがサラダです。生の野菜には食物酵素や食物繊維が含まれており、腸の活性化に有効とされています。腸の調子が良くなれば腸内から上がってくるガスの発生を未然に防ぐこともできます。また、温野菜よりも歯ごたえがあるため唾液の分泌を促すにも最適で、口臭予防と健康維持におすすめの食事と言えるでしょう。