寝起きのニオイの対策と予防方法

寝る前は念入りに歯みがきをする

口内の細菌は、磨き残しの汚れをエサにして繁殖しています。さらに寝ている間は唾液の分泌量が減るため、一日のなかで最も細菌が繁殖しやすくなっています。そのため、就寝前にしっかりと歯磨きをして磨き残しがないようにすることで、口臭のリスクを減らすことができるでしょう。特に、磨き残しの多い歯と歯の間は念入りに磨くように意識してください。歯ブラシだけで除去できない歯垢や汚れは、デンタルフロスなどを併用しましょう。

オーラルケアの仕上げはマウスウォッシュ

歯みがきの最後にうがいをする人もいるでしょう。また、就寝中の乾燥を防ぐため、寝る前に水分を取ることで乾燥を減らす効果が期待できます。しかし、念入りに歯みがきをしても口内に細菌が残っている場合があります。水だけではすべてを洗い流すのは難しく、オーラルケアの仕上げとしてマウスウォッシュの使用をおすすめします。マウスウォッシュの殺菌成分には細菌を減少させる効果があるため、しっかりとすすいで細菌を出してしまいましょう。

起床後すぐに歯みがきをする

起きてすぐに口の中が気持ち悪いという理由でうがいをする人は少なくないでしょう。睡眠中は唾液の分泌量が減少するため、起床直後は口内の細菌が活発な状態になっています。起きたらすぐにうがいをするのはもちろんですが、歯みがきをして口内環境を整えることも忘れずに。また、歯磨き粉には爽やかな香りがするものもあるため、起床直後に歯みがきをすることで、一日の最初を爽やかな気分で過ごせるようになるかもしれません。