40代からのオーラルケアが重要な理由

40代からの体の変化に注意

年齢を重ねると少しずつ体の変化に気づいていくもの。しかし、40代を迎えると急に疲れやすくなったり、筋力の衰えを感じたり、体の曲がり角を迎えている人もいるのではないでしょうか。40代からの体調の管理ポイントは、まずは無理をしないことが大切です。また、「まだまだ若い」と過信しないで、いまの体調を受け入れることも必要です。夜更かしをせず、たっぷりと睡眠をとり、栄養バランスの良い食事をするなど、基本的な健康管理をおこないましょう。

40代は歯周病に要注意

30代を迎えると徐々に歯周病の症状がみられる方が増えてきます。また、40歳以降の歯を失う原因の1位が歯周病です。歯周病が進むと歯茎が炎症を起こして、重症化すると歯が抜けてしまうことも。オーラルケアでの「ホワイトニング」や「矯正」など見た目のケアも大事ですが、その前に健康な歯と歯茎という土台をつくることが先決です。歯みがきをしているときに歯茎からの出血が気になったら、すぐに歯科医院を受診することをおすすめします。

ホルモン分泌の急減が口内に影響する

体が少しずつ変化を迎える40代では、それまでと同じようなオーラルケアでは十分と言えません。自分の歯や歯茎の状態だけでなく、年齢に合わせたホームケアが重要です。特に女性の場合は、40代から女性ホルモンの減少とともに、自浄作用がある唾液の分泌量も減少する傾向にあります。口内が乾燥すると細菌が繁殖して虫歯や歯周病のリスクが高まります。体調の乱れや心の不調などを感じてきたら、これまでよりオーラルケアに気を配るようにしてください。