オーラルケアをしないとどうなる?

虫歯・歯周病のリスクが上がる

歯みがきだけでは歯と歯の間にある食べ残しや歯垢を除去することができません。オーラルケアをしないと汚れや細菌が口内に溜まり、虫歯や歯周病の原因となります。虫歯が進行すると痛みで食べ物が噛めなくなるなど、生活に支障が出ます。また、歯周病は歯茎から血が出るだけでなく、最悪の場合は歯が抜けることもあります。なお歯周病は虫歯のように進行しても痛みが生じるわけではないため、気づいたときには手遅れということも少なくありません。

口臭が起こりやすくなる

口臭の主な原因は細菌の繁殖によるものです。オーラルケアをしないことで汚れや細菌が溜まると、口臭が起こりやすくなります。また、飲食物や嗜好品が口臭の原因となることもあり、食後などにしっかりとオーラルケアをしなければ、きついニオイを発して他人に迷惑をかけることも。口臭は自覚できないことが多く、他人からも指摘してもらえないことも少なくありません。周囲からスメルハラスメントと言われないようにするためにも、しっかりと意識してください。

全身の健康に悪影響を及ぼす

歯周病が進行すると、心臓病や糖尿病などを誘発する恐れがあります。また、口内はすべての入り口であるため、オーラルケアをしないと食べ物や飲み物と一緒に細菌や汚れが全身へと流れ込んでしまいます。これが原因で、呼吸器疾患や心疾患にかかるリスクが上がるという研究結果も出ています。オーラルケアをすることですべての病気を防げるわけではありませんが、適切な口内ケアを意識しながら、体の健康維持をしていきましょう。