オーラルケアで期待できる効果

虫歯や歯周病の予防

どれだけ丁寧に歯みがきをしても、歯と歯の間にある食べかすや歯垢の除去は難しく、デンタルフロスなどでさらなるケアが必要です。歯についた汚れを落とすことは、虫歯や歯周病の予防になります。オーラルケアを怠っていると、虫歯の原因菌が増殖して歯垢を形成し、エナメル質を溶かして虫歯になります。また、歯と歯茎の間に細菌が繁殖すると、歯の周りに炎症が起こる歯周病を引き起こす原因となり、最悪の場合は歯が抜けてしまうこともあります。

口臭の予防

しっかりとオーラルケアをおこない口内を清潔に保つことで、口臭予防にも役立ちます。口内に汚れが残っていると歯周病菌がガスを発生させたり、舌の表面に細菌やタンパク質を含んだ舌苔が増えたりと、口臭を強く感じることがあります。食後だけでなく、一日のなかで最も細菌が繁殖する起床後にオーラルケアをすることで、気になる口臭を軽減させることができるでしょう。仕事に出掛ける前や、デート前など、口臭が気になる人は取り組んでみてください。

健康な体づくり

歯周病は、口のなかで唯一の生活習慣病と言われています。歯周病は喫煙やストレスと関係し、心臓病・糖尿病・肺炎・骨粗しょう症・早産・バージャー病といった病気を誘発すると、近年の研究で明らかになっています。もちろん、生活習慣病は食生活や睡眠時間などを改善する必要があり、オーラルケアをするだけでは防げるものではありません。しかし、適切なオーラルケアをおこなうことで歯周病の予防につながり、体の健康維持にも役立ちます。