正しい歯ブラシの選び方と交換期間の目安は?

正しい歯ブラシの選び方

ずっと同じタイプのものを使っている人もいれば、あまり歯ブラシにこだわりがないという人もいるでしょう。しかし、自分に合った歯ブラシを選ぶことで、効率的に口内環境を整えることができます。正しい選び方の基本として、奥までの届きやすさを重視してください。また歯ブラシ全体が真っすぐになったストレートタイプのほうが磨きやすいです。ブラシの毛は硬すぎず、先端が細いものほど細かいすき間まで毛先が届きやすくなります。

歯ブラシの交換目安は?

古くなった歯ブラシは雑菌が繁殖しやすいだけでなく、新品の歯ブラシに比べて、歯の汚れを落とす力が低下しています。また、毛先が開いた歯ブラシは歯ぐきを傷つける恐れがあるため、1ヶ月に1回を目安に歯ブラシの交換をおこなってください。もし2週間程度で毛先が広がる場合は、ブラシを歯に当てるときの力が強すぎる可能性があります。また、一度使用した歯ブラシは汚れや細菌が付着しているため、定期的に消毒もするようにしましょう。

適切な歯みがきの回数とタイミング

歯みがきは朝・昼・晩の一日3回を基本としています。また、就寝中は唾液の量が減少するため、一日のなかで最も細菌が繁殖しやすくなっています。そのため、起床後はきつい口臭が発生するため、起きたらすぐにうがいをするだけでなく、歯みがきもおこないましょう。ただし、口臭を気にするあまり一日に何度も時間をかけて歯みがきをおこなっていると、歯肉を傷つけて口臭を悪化させる恐れがあるため、磨き過ぎにも注意が必要です。