口臭の原因の90%は口内環境にある

唾液の減少

口臭のニオイ物質が繁殖する原因として、唾液の減少があります。口内が乾燥していると、口臭が強くなるため注意が必要です。たとえば、いつも口呼吸をしている、あるいは薬の副作用などで唾液の分泌量が少ないという方は、口内の細菌が繁殖しやすくなっています。唾液の減少による口臭対策として、こまめに水分を摂取することが大切です。「喉が乾いた」「口が乾燥してきた」と感じる前に、うがいや水分補給で口臭予防をしましょう。

歯周病

歯周病も口臭の原因となります。歯周病とは、口内の歯周病菌が歯周組織を破壊していく感染症です。最初は歯ぐきが炎症する程度ですが、徐々に歯を支えている歯槽骨を溶かして、最終的には歯が抜け落ちることもあります。歯周病菌は口臭のニオイ物質を排出すると言われています。また、炎症が強くなると膿が出てくることもあるため注意が必要です。歯周病対策としてしっかりとオーラルケアをすることは、口臭を予防するためにも欠かせません。

虫歯

虫歯が進行すると歯の象牙質だけでなく、タンパク質でできている神経にまでう蝕が進行します。象牙質にまで達すると肉眼で確認できるほど大きな穴になります。その穴に食べかすなどが溜まると歯ブラシでは取り除くことが難しく、食べかすが腐敗してニオイを発していきます。そのため、虫歯による口臭は、食べ物が腐ったようなニオイとなります。虫歯による口臭を改善する場合は、まずは歯科医院で相談して治療を進めていきましょう。